塾に通って受験対策を考えよう|志望校に合わせた勉強方法

先生

大手か個人経営か

先生と生徒

大阪で学習塾を探している方は、まず大手の学習塾か、個人経営の学習塾に通わせるかを決めなければなりません。大手の塾は大阪に限らず、全国的に展開されていることが多いです。大手の特徴としてはカリキュラムがしっかりしおり、教材がしっかりと研究されているという点にあります。大手は全国各地から集めたデータで、生徒に最もふさわしい教育方法で授業を展開します。最近では家庭教師のように個人指導で授業を行なう学習塾も存在し、生徒の学力に合わせた授業で着実に成績を伸ばしていきます。教材も工夫が施されており、各教科で特色を活かした教材作りを進めています。また、全国各地にあるので、大阪から他の都道府県に引っ越すこすことになっても、新たな土地で同じ学習塾に通うことができます。生徒のデータは、大手のなかで共有されているため、塾の場所が移っても前の学習の続きから簡単にできる点が魅力です。一方の個人経営の学習塾は、多くが地域密着型となっています。このような塾はその地方の進学塾として機能していることが多く、地方の有名高校などに複数の合格者を出すことができます。その理由は、長年その土地にいるため、各高校の入試問題の傾向などを研究しているからです。それにより、その年度に出題される問題を分析し、確実に合格者を出します。そのため、地方の優秀な生徒が集まるような個人経営の塾もあるのです。先生方のレベルも高く、基本的に塾講師経験者しか雇わないところが多いとされています。

大学の研究旅行について

勉強する子ども

ゼミは大学の最小単位の研究グループであり、その絆を深めるためにゼミ合宿が行なわれます。ゼミ合宿では基本的に自分たちの研究テーマに合わせた場所や施設に行って、そこで見学や研究報告会などが行なわれます。

Read